冬の料理

青豆入りのりもち
Nori mochi with green soybeans
冬の料理

岸波洋子さんのつくる青豆入りのり餅は地元の直売所でも人気だ。焼くと海苔の香りがかすかにただよう。餅に入った青大豆の食感が楽しい。切れているので焼けばそのまま食べられ、小腹がすいた時のおやつにもぴったりだ。

View details

ほうれん草のえごま和え
Boiled spinach with egoma sause
冬の料理

えごまの実をフライパンで数分煎る。こがさないようにすぐ火を止めてすり鉢でする。ゴリゴリ。ああ、いい香りがする!
煎ってするのは面倒だが、思わず深く息を吸いたくなる香りが御褒美だ。プチっとした食感とこの香りで一味違う和え物に。

View details

芋がらと牛肉のきんぴら
sauteed dried taro stems with beef
冬の料理

唐辛子が効いたピリ辛の味付け。うまみを吸った芋がらは、牛肉のベストパートナーは実は私なのよ、と言わんばかりに、堂々と馴染んでいる。ところで芋がらはどのように作るのだろう。生産者の野中さんに聞いてみた。

View details

芋がらと人参の煮物
simmered dried taro stems and carrots
冬の料理

芋がらをご存じだろうか。里芋の茎を干して乾燥させたものだ。今回、野中和子さんが作ってくださったのは芋がらと人参の煮物。薄味で、うまみを吸った芋がらのシャキシャキした食感が引き立つ。

View details

青大豆
Green soybeans
冬の料理

豆は面倒くさいというイメージが変わった。驚くほど手軽においしい豆が味わえる。色が美しく形も可愛らしい。その上、豆ご飯、卵焼き、かき揚げ、浸し豆と様々な料理に使える。一度使うと手放せない食材である。

View details

いかにんじん
ikaninjin
冬の料理

正月が近づくと福島県ではいかにんじんをよく作る。 スーパーにするめいかが並んでいる。いかにんじんは家庭によって味が少しずつ違う。棚倉町でもシンプルなものから、ゆず入り、細切り昆布入りなどそれぞれ家庭の味がある。その一部を紹介します。

View details

けんちん汁
Kenchinjiru
冬の料理

棚倉町の吉田美枝子さんが その日のスポーツクラブを休んでけんちん汁を作ってくれた。「美味しいかい?」と聞かれて「美味しいです」と答えれば「愛情がこもってるからねえ〜」と歌うように返事が返ってきた。寒い時期に心からほっとした。

View details

干し柿のゆず巻
dried persimmon-wrapped yuzu peels
冬の料理

棚倉町の岸波洋子さんが干し柿のゆず巻を作ってくれた。干し柿にゆずの香りと苦みがしみこんでいて、甘いだけじゃない大人のお菓子になっている。一口でつまめて洒落ている。もう1か月して干し柿が出回ったら作ってみよう。

View details