棚倉町

ローカルバス白棚線の未来
福島県棚倉町

福島県白河市から棚倉町まで走る、ローカルバス白棚線。学生の通学の足から地域をつなぐ観光の資源へ、役割が変わりつつあります。未来の可能性を探るべく、地元の人たちが立ち上がり、色々な仕掛けを練っています。

View details

健康になった恩返し
福島県棚倉町

棚倉町に関わる一番のモチベーションは、健康になった恩返し。農家さんとの出会いは私を変えました。野菜や料理について何も知らないところから、7年の関わりで学び、どんどん健康に。もっと健康になるぞー!

View details

平安時代の書物に登場 都々古別神社
Tsutsukowake Shrine
福島県棚倉町

今回は平安時代にタイムスリップして町の歴史を紹介します。当時の書物に登場する一宮「都々古別神社」2社を参拝してきました。古代の棚倉町周辺は東北の玄関口として人の往来が多く重要な場所でした。

View details

シソ餅
shiso-mochi
夏の料理

「シソ餅って知ってる?夏の土用に食べる習慣があるんだよ」と、そう言って差し出されたのは、白餅をシソで挟んだだけのシンプルな餅でした。中には何も入っていない。福島県南の郷土食だと聞き、調べてみました。

View details

凍み豆腐
shimi-tofu
福島県棚倉町

東北のふるさとの味、凍み豆腐。福島県棚倉町のお豆腐屋さん、大椙食品はこの伝統の味を守るため毎年作り続けています。タケノコやこんにゃくを入れて煮物にしたり、バラ肉を巻いて焼いたり、タンドリーチキン風にしたりと、レシピは工夫次第。でも、最近は温暖化で商品にするのが難しくなっているのだとか・・・。

View details

青豆入りのりもち
Nori mochi with green soybeans
冬の料理

岸波洋子さんのつくる青豆入りのり餅は地元の直売所でも人気だ。焼くと海苔の香りがかすかにただよう。餅に入った青大豆の食感が楽しい。切れているので焼けばそのまま食べられ、小腹がすいた時のおやつにもぴったりだ。

View details

ほうれん草のえごま和え
Boiled spinach with egoma sause
冬の料理

えごまの実をフライパンで数分煎る。こがさないようにすぐ火を止めてすり鉢でする。ゴリゴリ。ああ、いい香りがする!
煎ってするのは面倒だが、思わず深く息を吸いたくなる香りが御褒美だ。プチっとした食感とこの香りで一味違う和え物に。

View details

芋がらと牛肉のきんぴら
sauteed dried taro stems with beef
冬の料理

唐辛子が効いたピリ辛の味付け。うまみを吸った芋がらは、牛肉のベストパートナーは実は私なのよ、と言わんばかりに、堂々と馴染んでいる。ところで芋がらはどのように作るのだろう。生産者の野中さんに聞いてみた。

View details

芋がらと人参の煮物
simmered dried taro stems and carrots
冬の料理

芋がらをご存じだろうか。里芋の茎を干して乾燥させたものだ。今回、野中和子さんが作ってくださったのは芋がらと人参の煮物。薄味で、うまみを吸った芋がらのシャキシャキした食感が引き立つ。

View details

みそかんぷら(後編)
misokanpura
夏の料理

みそかんぷらの作り方は慣れると簡単だ。ポイントは、小芋の頭が隠れる位のたっぷりの油を入れ弱火でじっくり火を通すことだ。小芋が手に入らないときは普通のじゃがいもでも「みそかんぷら風」のおかずを作って楽しめます。

View details