みそかんぷら(後編)
misokanpura

2019.09.21

夏の料理

Story

福島県の浜通りや中通りの郷土料理といわれる、みそかんぷら。大勢で棚倉町に遊びにいったとき、大鍋で振舞っていただいたこともある。

慣れれば作るのは簡単。

まずは卓球玉程度の小芋をよく洗う。皮つきのまま鍋にいれる。次に芋の頭が見え隠れする位たっぷり油をいれる。弱火でじっくり煮るように火を通す。竹串が通る位になったら油からあげる。温かいうちに甘みそを絡める。甘みそはみそ、みりん、砂糖、好みでしょうゆもいれて作る。

その甘みそに擦りえごまや柚子を混ぜても美味しい。

小芋が手に入らないときは普通のじゃがいもでも「みそかんぷら風」を楽しめる。

じゃがいもをよく洗い皮つきのまま一口大にカット。フライパンに多めの油をいれ弱火でゆっくり焼く。火が通ったら甘みそをからめる。これなら手軽に作れますね。

Misokanpura

Misokanpura is typical local cuisine in Coastal and Central Region of Fukushima ,Japan.If you get used to it, you can easily make misokanpura.

First, wash the potatoes about the size of a table tennis ball.Put them with skin in the pan.Pour oil into the pan until the potatoes' heads are hidden.The point is to deep fry over low heat and take time.When the potatoes are cooked, pour the sweet miso sause,made with miso,sugar,mirin,and soy sause,over the hot potatoes and toss well to mix. It will be delicious even if you add grind Egoma or Yuzu to the sweet miso sause.

TAGS

, , ,