みそかんぷら(前編)
misokanpura

2019.09.20

夏の料理

Story

 福島といえば、みそかんぷら。卓球玉程の小さなじゃがいもを油で煮るようにじっくり火を通し、甘みそを絡める。冷めても美味しくておやつ感覚でいただける、みんなに愛される料理だ。

 小芋はなかなか市場に出回らない。「拾うのが面倒だからだいたい畑においてきちゃうんですよー」と農家の須藤芳浩さん。今回はお願いして小さな芋も一緒に拾ってきてもらった。小芋の中からみそかんぷらに程よい大きさのものを選別する作業をお手伝いした。芋の種類はとうや。おしゃべりをしながら、程よいものを袋に投げ込んでいく。

「昔はさ食べるものがなかったから、なんでも食べたんだ」と須藤さんの父、眞廣さん。なるほど食料難の時代に生まれた料理というわけだ。

(つづく)

misokanpura

Misokanpura is typical local cuisine in Fukushima,Japan.This dish uses potatoes about the size of a table tennis ball.Slowly deep fry the potetos over low heat.Add sweet miso,which is made with miso, sugar and mirin,to the cooked potatoes.Misokanpura is delicious even when it ’s cold, and everyone loves it.

Mr. Yoshihiro Sudo, a farmer in Tanagura town, gave me small potatos for misokanpura ,that would usually be thrown away in the field,because although they took a lot of time to pick up, they didn't make much money in the market.

Mr.Masahiro Sudo,Yoshihiro’s father, said misokanpura’s cuisine born in the era of food shortages.

TAGS

,