青梅のさとう漬
Candied Green Plums

2019.09.04

夏の料理

Story

青梅のさとう漬

 パリポリパリ。噛むたびに良い音がする。さっぱりと甘酸っぱく、軽快な歯ごたえが夏のお茶請けにぴったりだ。

 夏至(6月20日すぎ)から7月2・3日頃の「半夏」の季節仕事だ。梅が柔らかくなっては美味しくないから、硬めの梅を取る。大きいものがおすすめである。

 もぎたての梅を水に2時間浸してから種を取る。しそを塩でもんでから氷砂糖と一緒につける。一気に氷砂糖を入れてしまうと実がしわくちゃになるので、砂糖がとけるのをまちながら量を調整しながら入れる。1から2か月くらいすると食べごろだ。金澤英子さんは自宅で5~6キロを仕込み、友達にあげたり、自分で食べたりして楽しむ。

青梅のさとう漬

Candied Green Plums

Every time you chew, it makes a good sound.Sweet and sour taste and light texture is perfect for summer .
From June 20th to July 2nd and 3rd , the period is called “Hange”(half-summer),Take the hard plums because they don't taste good when they become soft.Soak freshly picked plums in water for 2 hours, then remove seeds.
Rub Shiso with salt and then put it and the plums with rock sugar. If you add rock sugar at once, the plums will be crumpled, so gradually add the sugar seeing how things will go.It will be ready to eat after a month or two.Ms. Eiko Kanazawa prepares 5kg / 6kg at home and enjoys it by giving it to friends or eating it herself.

TAGS

, ,