きゅうりのぜいたく漬
Zeitakuzuke of Cucumbers

2019.09.04

夏の料理

Story

 パリパリと張りのある食感。ピリっと効いた唐辛子、あとからくるショウガの風味。おにぎりの横に添えられていたら最高だ!調味料も手間もかかるからぜいたく漬という。

 作り手の金澤英子さんは「いつまでも長持ちする漬物だよ~」という。ポイントは3だ。3時間待つことを3回繰り返す。この手間で美味しくなり、日持ちも伸びるのだ。

 作り方はこうだ。生のきゅうりを5~6mmに切って、天日で半日くらい干し、水分を少なくする。 鍋にしょうゆ、ざらめ砂糖、酢、みりんを沸騰させて、天日干ししたきゅうりを入れ、沸騰したらきゅうりをあげる。3時間後、また汁を沸騰させて同じことをする。これを3回繰り返す。最後に千切りにしたしょうがと唐辛子を一緒に漬け込んで保存する。

Zeitakuzuke of Cucumber

Crunchy cucumber pickles spicy pepper, ginger flavor coming later.It will be great if it is served next to a rice ball!

Zeitakuzuke means a luxury pickle because it takes a lot of seasoning and time.Ms.Eiko Kanazawa who made it says it keeps for longer time. The secret is 3 hours and 3 times.

Cut raw cucumbers into 5-6mm and let it dry in the sun for half a day . Boil the soy sauce, crystal sugar, vinegar, and mirin in a pan and add sun-dried cucumber. When boiling, raise the cucumber from the pan. 3 hours later, do the same. Repeat this 3 times. Finally, chopped ginger and chili together

TAGS

,