きゅうりの粕漬け
Cucumbers pickled in sake lees

2019.09.04

夏の料理

Story

 正直、粕漬けが苦手だった。粕漬けというと、お年寄りの食べ物のイメージだった。

 でも、藤田美代子さんの粕漬けは封をあけたときともかく香りがよい。香りがすごく上品である。そして、きゅうりの表面がツヤッとしていて綺麗である。黒くない。最後に歯ごたえがよい。きゅうりの爽やかな歯ごたえが残っている。

 何個か食べているうちに、鼻と口の間がふわっと気持ちよくなってきた。酔っぱらいそうだ。お茶かお酒を飲みながら食べたい。大人のお茶請けだ。「美代ちゃんの粕漬けはうまいんだぁ」と仲間も認めている。美代子さんは粕漬けを毎年10キロほど作っている。

 作り方はこうだ。 夏にきゅうりがたくさんとれるころ、きゅうりを塩漬けする。この際、塩を一度に煮立たせて熱々をかけてそのまま保管する。こうすることで歯ごたえがよくなる。

 冬に酒かすが出回りはじめたら、半日くらい水につけてきゅうりを塩出しをする。酒かす1キロに対してざらめ1キロの分量で、塩出ししたきゅうりを漬け込む。塩味は発酵によってよい風味に変わる。春が近くなると食べられる。

Cucumbers pickled in sake lees

To be honest, I'm not good at Kasuzuke,which is to pickle food in sake lees. It was an image of elderly food.
However, Ms.Miyoko Fujida’s Kasuzuke has a good aroma when opened. The aroma is very elegant.And the surface of the cucumber is shiny and beautiful. It ’s not black. Finally it is crunchy. The fresh texture of cucumber remains. Friends praise her Kasuzuke.I gradually felt comfortable between my nose and mouth while eating some. I'm litte bit drunk. I want to eat it while drinking tea or sake.

・The recipe
When you have a lot of cucumbers in the summer, salt the cucumbers.
When winter is coming, sake lees are on the market, Soak the salted cucumbers in water for about half a day. Pickle the cucumbers in a quantity of 1 kg of crystal sugar per 1 kg of sake lees. The salty taste changes to a good flavor by fermentation. Eat when spring is near

TAGS

,